財布の二つの大事なことを教えます。

私は財布に関し、全く興味がなかったのですが、3年ほど前に人生のどん底に叩き落とされ、そのような状態になると素直に人の話に耳を傾けられるものです。そのどん底の際に今お世話になっている社長から聞いた2つの大事なことを書きます。
まず、財布を新調するのは春。これは有名な話ですが、「春財布」と「張る財布」を引っ掛けたものとも言われます。また春とはスタートのシーズンでもありますから、そのことも関係あるみたいです。決して秋と冬には新調しませんように。「空きのある財布」、「寒い財布」となってしまいますから。
二つめの財布のことですが、財布には現金のみ入れてください。キャッシュカードは絶対に入れないでください。キャッシュカードは別の入れ物、財布みたいなもの、安い物でも大丈夫なので現金とは別にしてください。また、現金を札入れと硬貨入れに分けることもできればお願いします。なぜ、キャッシュカードと現金を分けるのかは、現金には現金の神様がいて、キャッシュカードにはキャッシュカードの神様がいるので、同じ財布に入れておくと神様同士が喧嘩をしてしまい散財を招くということです。
以上を踏まえて、どうぞ実践してみてください。